寝屋川市の「武田眼科クリニック」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐの眼科です。近視・老眼・コンタクト処方・日帰り白内障。土曜日・日曜日も診療。
[ お問合せ ]TEL.072-837-1146

目がかすむ・ぼやける・まぶしい

  • HOME »
  • 目がかすむ・ぼやける・まぶしい

「近ごろ目がかすんでみえにくくなった」「全体が白くなって、光がまぶしく感じられる」というとき、よくある原因は白内障によるものです。

その他、ドライアイ、眼精疲労なども考えられますが、「疲れているだけ…。」と放置せず、一度眼科受診をお勧めします。

  • 白内障

「白内障」は目の中の透明な水晶体(レンズ)が白く濁って視力が低下する病気です。加齢によるものが多く、60歳代では7割以上がかかっているといわれています。

症状

霧がかかったようにかすんで見える・光がまぶしく感じる・細かい文字が読みにくい

原因

ほとんどが加齢性のものです。進行には個人差があり、濁り方によっても症状の現れ方が違うため、気づき方もさまざまです。
その他、体の病気(糖尿病など)やくすりの影響のこともあり、その際は比較的若年者で発症することがあります。

治療

白内障が見つかっても急に見えにくくなることはありませんので、日常生活に支障がなければ、まずは経過観察で様子をみます。
水晶体の濁りを完全に治すには手術が必要で、点眼は病気の進行を遅らせることを期待して処方されます。
「眼鏡が合わなくなった」「近視が進んだ?」と思って強い眼鏡に変えても、すぐ合わなくなったなどという場合は、眼科で検査を受けましょう。近視そのものが中年期以降に進行することはありません。

  • ぶどう膜炎

「ぶどう膜炎」は茶目の部分の虹彩、それに連なる毛様体、脈絡膜からなる非常に血管の多い組織であるぶどう膜に炎症がおきる病気です。

症状

目がかすむ・光がまぶしい・ものがゆがんで見える・目が痛くなる・目が赤くなる

原因

原因はわからないことが多いですが、病原菌の感染や免疫異常の病気によるものもあります。

治療

ステロイド剤の点眼薬や注射で炎症をおさえる必要があります。またひとみを拡げて、安静をはかり、ひとみが水晶体(レンズ)とくっつくのを予防します。
長引くと白内障や緑内障になることもあり、早めに検査、治療をしましょう。
またいったん症状が治まっても、治療をやめると再度症状がでてくることも多く、定期的に眼科受診をすることが必要です。

その他、目がかすむ、ぼやける、まぶしいと感じる症状があれば、以下の病気も考えられますので、一度ご相談下さい。
PAGETOP
Copyright © 2017 武田眼科クリニック All Rights Reserved.