寝屋川市の「武田眼科クリニック」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐの眼科です。近視・老眼・コンタクト処方・日帰り白内障。土曜日・日曜日も診療。
[ お問合せ ]TEL.072-837-1146

虫が飛んだように見える

  • HOME »
  • 虫が飛んだように見える

「目の前に黒いものがちらちら動く」 「糸くずのようなものが飛んでいる」と感じるのは、いわゆる「飛蚊症」といわれる症状です。

多くは生理的な原因で起こっているもので心配ないものですが、中には病的なものもあり、急激な「飛蚊症」に出現時には眼科受診が必要です。

  • 後部硝子体
    剥離(生理的飛蚊症)

「後部硝子体剥離(生理的飛蚊症)」は加齢により硝子体(目の中のゼリー状のもの)が変性した状態で、60歳代の30~60%に見られる老化現象の一つで、病的なものではありません。

症状

目の前に虫が飛んでいるように見える・目を動かすと黒いものがついてくる・目を閉じるとチカチカと光が見える・視野が欠ける

原因

目の中に透明なゼリー状の硝子体というもので満たされており、加齢で肌にじわが生じるように、この部分が変性し濁るため、影が網膜に映って黒いものに見えます。
また、硝子体は網膜にくっついていますが、変性に伴い硝子体が網膜から離れても、この部分が黒い点のように見えます。

治療

生理的なものなので、特に治療は必要ありません。ただし、視野が欠ける病的なもの(網膜剥離など)かそうでないか判断することはできませんので、症状が急激に変化した際は、眼科で検査を受けて下さい。

その他、虫が飛んだように見えると感じる症状があれば、以下の病気も考えられます。
PAGETOP
Copyright © 2017 武田眼科クリニック All Rights Reserved.