寝屋川市の「武田眼科クリニック」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐの眼科です。近視・老眼・コンタクト処方・日帰り白内障。土曜日・日曜日も診療。
[ お問合せ ]TEL.072-837-1146

目が見えにくくなった

  • HOME »
  • 目が見えにくくなった

以前に比べて、目がみえにくくなった場合は、 近視や遠視(屈折異常)、老眼(調節異常)などが考えられます。

ピントが合いにくくなり、ぼやけますが、視力矯正により症状が改善されます。 見え方に不自由あれば、眼鏡作成など必要ですので、我慢されずに一度ご相談下さい。

  • 近視

「近視」は網膜より手前にピントがあってしまい、近くはよく見えますが、遠くが見えにくくなった状態です。病気ではありませんので、眼鏡などで視力は良くなります。

症状

遠く景色が見えない・目を細めて見る

原因

遺伝によるものと、環境によるものがあるといわれています。 目の屈折状態は目の構造(目の長さや、角膜(黒目)や水晶体(レンズ)の屈折力)により決まりますが、成長とともに、これらも変化するので、小学校高学年より近視になる子が増えてくるわけです。しかし、よほど強い近視でない限り、遺伝的な要素はあまり関与していないようです。
むしろ環境によるものが大きく、近くを見る作業が長くなると近視になりやすくなりますので、テレビゲームや携帯電話など長時間続けることはひかえ、目に負担のない生活を送ることが大切です。

治療

近視の矯正方法には、眼鏡、コンタクトレンズの他に、レーシックなどの屈折矯正手術などもありますが、やはり眼鏡やコンタクトによる矯正が基本になります。
近くは見えますので、日常生活に不自由なければ、すぐに眼鏡を作成する必要はありません。子どもの場合、黒板が見えにくいと支障をきたしますので、その際は、作成しましょう。かけ続ける必要はありませんので、遠くを見る時だけ使用すればよいでしょう。眼鏡を掛けたり外したりしても、近視の進行が大きく変わることはありません。

  • 遠視

遠視は「遠くが見えるいい目」と誤解されていますが、そうではなく、目の屈折力が弱いので、調節をしないと遠くも、近くもピントが合わせにくい状態です。そのため、非常に疲れやすい目なのです。また子どもの場合は、高度の遠視があると網膜の中心に正常な像がうつせないまま成長するため、視力が未発達な状態である弱視になる場合があります。遠視性の場合は、弱視の程度は軽度のことが多く、眼鏡装用で視力の発達が見込まれます。

症状

遠くも近くもぼやけて見える・目が疲れる 

原因

遺伝によるものと、環境によるものがあるといわれています。遠視は8歳くらいまで遠視化が進みますが、その後は成長と伴に徐々に正視化してきます。

治療

視力発達時期の子どもの場合は弱視予防のために、成人では調節の負荷を減らして、眼の疲れを予防するため、眼鏡は常に使用しましょう。

  • 老眼(老視)

老眼は加齢にともなって眼の調節力が低下し、近くにピントが合いにくくなった状態です。40歳頃より自覚され始める老化現象の一つです。

症状

小さい字が見えない・細かい作業や読書の後、頭痛や肩こりがひどい 暗いところで見えにくい

原因

加齢とともに水晶体(レンズ)の弾力が失われ、調節力が弱まるためピントを合わせられる範囲が狭くなり、近くが見えにくくなります。
「近視の人は老眼になりにくい?」と言われることがありますが、もともと近くにピントが合いやすいため、手元を見るのに不自由を感じない場合がありますが、老眼にならないわけではありません。

治療

老眼になったら、見えにくさは老眼鏡で矯正しましょう。
ただし、老眼がでてくる年代になると、緑内障や白内障など他の病気の症状もでてくることも多いので、「老眼が必要かな?」と思った場合、一度眼科で検査を受けてみることをお勧めします。

その他、目がみえにくくなったと感じる症状があれば、以下の病気も考えられますので、一度ご相談下さい。
PAGETOP
Copyright © 2017 武田眼科クリニック All Rights Reserved.