寝屋川市の「武田眼科クリニック」は京阪電車香里園駅より、京阪バス「日新町(アルプラザ前)」バス停下車すぐの眼科です。近視・老眼・コンタクト処方・日帰り白内障。土曜日・日曜日も診療。
[ お問合せ ]TEL.072-837-1146

まぶたが腫れる・しこりがある

  • HOME »
  • まぶたが腫れる・しこりがある

「まぶたが腫れた、しこりがある」場合は、いわゆる「ものもらい、めばちこ(麦粒腫、霰粒腫)」といわれものが生じている場合があります。

まぶたの一部が赤く腫れて、ずきずき痛む場合がありますので、我慢されずに眼科を受診し、治療をしましょう。

  • 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
  • 霰粒腫(さんりゅうしゅ)

いわゆる「ものもらい、めばちこ」といわれるものです。まぶたにある涙の成分を分泌する脂の腺に感染をきたしたり(麦粒腫)、腺がつまったり(霰粒腫)したものです。

症状

まぶたが腫れる・まぶたの痛みがある・かたいしこりをふれる

原因

麦粒腫はまぶたの分泌腺に細菌感染を生じたもので、化膿、炎症をきたし、赤く腫れて、痛みを伴います。
霰粒腫は分泌腺がつまることで脂肪のかたまりができ、炎症反応を生じたもので、通常赤くなったり、痛みを伴ったりはしません。(ただし、感染により炎症が強くなった場合は赤くなったり、痛みを伴います)

治療

麦粒腫は抗生剤の点眼や内服で治療します。黄色く膿んだときは、切開し膿を出すと早く治ります。
霰粒腫は小さければ自然に消失するものもありますが、治療は手術が基本です。包んでいる袋ごと取らなければ治りません。早期であれば、ステロイドの点眼(軟膏)や注射が効く場合もあります。
初期段階での治療が早期改善につながりますので、症状にきづいた際は、早めに眼科受診をし、治療を開始しましょう。

PAGETOP
Copyright © 2017 武田眼科クリニック All Rights Reserved.